味覚操作ARシステムがメディアに取り上げられました

電気通信大学、東京大学との共同研究である機械学習を用いた味覚操作ARシステムがメディアに取り上げられました。GANと呼ばれるニューラルネットワークを用いて食べ物の見かけをリアルタイムに変更し、異なる味覚を錯覚させるシステムです。本研究の成果は IEEE VR 2019 にてポスターおよびデモとして発表されます。