CAREラボについて

奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 サイバネティクス・リアリティ工学研究室(CAREラボ)のホームページにようこそ。

サイバネティクスは人とシステムを統一的に扱う学問のことです。リアリティ工学はバーチャルリアリティ(VR)、拡張現実感(AR)、複合現実感(MR)などを束ねた上位概念の意味で用いています。本研究室ではこれらのすべてを対象とし、特にセンシング、ディスプレイ、インタラクション技術について研究しています。

人はコンピュータが登場する遥か以前から、様々な道具を発明し、体の一部になったかのように使いこなすことで新しい能力を獲得してきました。本研究室では、人や環境のセンシング、感覚提示、ウェアラブルコンピュータ、コンテキストアウェアネス、機械学習、生体情報処理などの技術を駆使して、未来の道具を作り出すための研究を行います。特に、視覚を中心とした様々な感覚を操ることで、ひとりひとりに寄り添った「パーソナライズドリアリティ」を提供し、より便利に、より快適に、あるいはより安心して生活できることを目指します。こうした情報システムを通じて、すべての人々がそれぞれの能力を最大限に発揮して助け合う、インクルーシブな社会の実現に寄与したいと考えています。

本研究室は平成29年4月に発足した新しい研究室です。旧・視覚情報メディア研究室の資産を継承し、新しい課題に挑戦していきます。

紹介記事

アクセス

〒630-0192 奈良県生駒市高山町 8916-5
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科

公式アクセスマップ

ロゴについて

ビット (Bits) で彩られたリアリティが人を優しく包む、ひとりひとりに寄り添った「パーソナライズドリアリティ」のコンセプトを表現しています。